趣味としての散歩の楽しみ方

趣味としての散歩の楽しみ方

ジグソーパズルを趣味して脳を鍛える

趣味としての散歩の楽しみ方
趣味として何かを始めることはとてもいいことですよね、身体を鍛える趣味、知識を身につける趣味などがありますが、脳を鍛える趣味では、ジグソーパズルなどがあり、年齢を重ねても衰えない役割があります。近年では右脳教育などが話題になっていますが、左脳は言語、計算、論理の役割がありますが、右脳では想像、感覚などの役割があります。右脳教育では、なぜジグソーパズルなのか?バラバラになった絵を揃えることで適切な場所にピースをはめ込みながら右脳の想像力を鍛えることができます。これにより衰える脳を活性化させ、さらには手を使うことで効果が倍増するんです。全国の高齢者施設ではジグソーパズルを使いながら脳を鍛えることもされており、また幼児教育にも取り入れられています。

回想法と呼ばれる言葉がありますが、これは昔の話を思い出し、それらを語り合うことで認知症予防や改善に利用されておりますが、ジグソーパズルをすることで、脳が活性化され回想法として古い知識や経験などの予防、改善に役立っているんです。単純にジグソーパズルと思いますが、趣味としても充分に楽しめて、そして手軽に脳を鍛えることができるのですから、意外と趣味としてはいいのではないでしょうか。

Copyright (C)2017趣味としての散歩の楽しみ方.All rights reserved.